シマノ105 5700のリペアパーツの選び方をジテ通おやじに解説!

シマノ105-5700シリーズ交換部品 オヤジの小ワザ

シマノ105の消耗部品を交換しようとおもって部品をネットで検索。

5700とか5800とか、50Tとか53Tとか、10sとか11sとか……。
ググればググるほど選択肢が増えていく……。

・いっぱい種類があってどれを買えばいいのかわからん!
・そもそも俺の105はどの105なの?
・ちょい古105なのでパーツがもう売っとらん!互換パーツはどれ?
・もはや何を言われているのかがわからん!

そんな難題に直面しているジテ通おやじのあなた!

同じ経験をしたジテ通おやじの OYG! が調べ方を解説します。

あなたが OYG! と同じ5700だった場合はこの記事通りにパーツを選べばいいです。
他のシリーズだった場合でも、選び方の参考にはなると思います。

※調べ方は、コンポーネントが同じシリーズで統一されている前提で書いています。

スポンサーリンク

シリーズの調べ方

シマノ105にはさまざまなシリーズがあります。

5500系、5600系、5700系、5800系、R7000系。

これはコンポーネントにちゃんと書いてあるので、すぐにわかります。

いちばん見やすいのがブレーキの裏側。
105と書いてある反対側を見てください、BR-5700とか書いてありますよね。

あとはコントロールレバー。
ブラケットカバーをベロンとめくるとST-5700とか書いてあります。

上記の場合だと5700シリーズということになります。

段数の調べ方

自分のロードバイクが何速なのか?

ローディーなんかからすると『バカなの?』って言われそうですけどね。
でも、ジテ通おやじは意外と知らなかったり(気にしてなかったり)します。

5500系は9速。
5600系、5700系は10速。
5800系、R7000系は11速。

10速とかいうのはスプロケット(リアギア)のギアの数のこと。
10段とか10s(スピード)などとも言います。

ま、うしろのギアを数えればわかります。

チェーンの調べ方

チェーンは型番が表面に刻印されていて、CN-5701とか書いてあります。

チェーンの場合は、グレードが違っても同じ段数なら互換性があります。

5700系は10sなんですが CN-5701 10s(105)はもう売っていません。
OYG! は、同じ10sの CN-6701 10s(アルテグラ)を装着しています。

1年以上経ちますが、何の問題もなく快適です。








Amazonで買う 楽天で買う

 
チェーンの交換方法は以下の記事を参考にしてください。
関連記事:【シマノ105 5700】チェーン交換はジテ通おやじにも出来る!

チェーンリングの調べ方

チェーンリングは、本来は単体ではなくギアとクランクのセットになっています。

クランクセットは歯数構成が何通りかあります。

5700系なら以下の3種類です。

FC-5700 はノーマルクランクと呼ばれ1番一般的なもの。
FC-5703 はギアが3枚ついているもの。
FC-5750 は大ギアの歯数が50枚(少ない方が軽い)で入門者や坂道に適したもの。

OYG! のは、大ギアの表面に50-Fと書いてあるので歯数が50のFC-5750です。

FC-5750の場合、大ギアを交換するなら50T-F、小ギアは34T ということになります。

型番がわかっていれば必要ないですがパッケージ右下の表示の意味も書いときます。

このパッケージの場合は、105の10速(10s)用で、2枚ギア(2x)の歯数が50(50T)でPCDが110mmってことが示されています。

PCDとはギアを固定するボルトの中心を結ぶ円の直径のことです。
50TのTはteethで歯数が50ということです。

表をみてわかるとおりFC-5703もFC-5750もどちらも50Tのギアです。
これを区別するために、50T-Dと50T-Fとなっています。








Amazonで買う 楽天で買う

 
チェーンリングの交換方法は以下の記事を参考にしてください。
関連記事:シマノ105 5700】チェーンリング交換はジテ通おやじにも出来る!

スプロケットの調べ方

スプロケットの型番はここに書いてあります。
すきまから目を凝らせばなんとか見えます……。

まぁ見なくても、5700系ならCS-5700のはずです。

スプロケットも歯数構成が何通りかあります。

クランクセット同様に脚力や使い方で選ぶんですが、今乗っていて違和感がなければ、もともと装着してあるのと同じでいいと思います。

調べ方は、各ギアの表面に11Tとか25Tとか刻印されていますので、いちばん小さいギアと、いちばん大きいギアのを見てください。

11Tと25Tなら、CS-5700の11T-25T ということになります。

スプロケットは、段数が同じならグレードが違っても互換性があります。

OYG! などは、CS-HG500-10(マウンテンバイク用)を装着しています。
まったく違和感なく快適に使えていますよ。

スプロケットの交換には専用工具が必要です。








Amazonで買う 楽天で買う








Amazonで買う 楽天で買う

ブレーキシューの調べ方

ブレーキシューはブレーキの型番でググれば見つかると思います。

BR-5700用のブレーキシューは型番R55C3です。

ググると台座付きのものと、シューだけのものが出てくると思います。
通常はシューだけの交換で済むので台座付きを買わないようにね。

ブレーキシューは105グレード以上は共通部品です。

シューのみなら新旧の105やグレード間でも互換性があります。
台座付きのものでも新旧の105で互換性があります。

R55C3が売り切れていたら、BR-5800用の型番R55C4でも大丈夫です。

ただし、型番が変わっていることでもわかりますがR55C3とR55C4には性能差があります。

ドライ時は同じようですが、雨の日の制動力が向上しています。

ローディーのあいだではR55C3の方がよかったなど賛否両論あるようです。

でも、雨でもジテ通するおやじにはR55C4をオススメします。








Amazonで買う 楽天で買う

 
ブレーキシューの交換方法は以下の記事を参考にしてください。
関連記事:シマノ105 5700】ブレーキシュー交換はジテ通おやじにも出来る!